ライフプランニングと資金計画

ファイナンシャルプランニング技能検定の試験範囲の1つ「ライフプランニングと資金計画」について

ライフプランニングと資金計画

ライフプランニングとは一言でいうと「人生の設計図」です。

 

より良い生涯にするための計画といっていいでしょう。
そしてそのための資金計画等を学習していきます。

 

結婚、マイホーム、子供の教育、定年、老後など我々にとって一番身近な分野といえるだけに知識として覚えておくだけでもためになります。

 

試験科目の概要は以下です。

  • ファイナンシャル・プランニングと倫理
  • ファイナンシャル・プランニングと関連法規
  • ライフプランニングの考え方・手法
  • 社会保険
  • 公的年金
  • 企業年金・個人年金等
  • 年金と税金
  • ライフプラン策定上の資金計画
  • 中小法人の資金計画
  • ローンとカード
  • ライフプランニングと資金計画の最新の動向

ファイナンシャル・プランニングと倫理について

 

FPの社会的ニーズ、社会的役割、FPの職業的原則(顧客利益の優先・守秘義務の厳守)

 

ファイナンシャル・プランニングと関連法規について

 

税理士法、保険業法、投資顧問業法、弁護士法

 

ライフプランニングの考え方・手法について

 

ライフプランニングの目的と効用、各ライフステージにおける一般的テーマ、ライフステージ別資金運用、ライフプラン上の各種統計数値の把握、顧客情報等各種の情報の収集・把握の方法、可処分所得の計算、ライフイベント表の作成、キャッシュフロー表の作成、個人のバランスシートの作成、提案書の作成

 

社会保険について

 

社会保険制度、公的医療保険、健康保険の仕組み、国民健康保険の仕組み、退職者及び高齢者向け公的医療制度、公的介護保険の仕組み、公的医療制度の最近の動向、労働者災害補償保険、保険給付の種類と内容、特別支給金制度、特別加入制度、雇用保険の仕組み、失業等給付、雇用三事業

 

公的年金について

 

国民年金、厚生年金保険、共済年金、老齢給付、障害給付、遺族給付、併給調整、請求手続

 

企業年金・個人年金等について

 

企業年金(確定給付型年金、適格退職年金、厚生年金基金)
確定給付企業年金の仕組みと、退職給付会計
確定拠出年金(企業型年金、個人型年金)
確定拠出年金に関する既存制度からの移行
企業年金類似制度(生命保険等を活用した非適格年金制度、中小企業退職共済制度、小規模企業共済制度、国民年金基金制度)
個人年金、各業態別個人年金商品
財形年金(財形貯蓄制度、財形年金の仕組みと商品)

 

年金と税金について

 

公的年金等に係る税金、課税の仕組み
個人年金(財形年金含む)
個人年金の掛金に対する税の取扱い
個人年金の受取金に対する税の取扱い
企業年金に係る税金

 

ライフプラン策定上の資金計画について

 

住宅取得プランニング(住宅取得の考え方、購入時の諸費用、自己資金の形成プラン、住宅取得と税金、住宅ローンの仕組み・種類と内容・借換え・繰上げ返済、住宅の買換え・建替え・リフォーム・バリアフリー化等)

 

教育資金プランニング(教育プランと教育費、教育資金の形成プラン、教育ローン・奨学金)
リタイアメントプランニング(老後生活の必要資金の準備、老後資金プランの作成・形成プラン、運用プラン
老後生活のリスクとその手当て(公的医療保険制度、介護保険制度、民間医療保険)

 

中小法人の資金計画について

 

資金調達のプランニング(財務状況の把握、資金調達の方法・費用・管理)
資金調達の種類と特性(間接金融、直接金融)
企業間信用、抵当証券ローン、ファイナンス・リース、ファクタリング(債権買取)

 

ローンとカードについて

 

クレジットカード(各種クレジットカードの種類と特徴、利用上の留意点)
デビットカード等新たな決済手段について
各種消費者向け無担保ローンの仕組みと特徴について

 

ライフプランニングと資金計画の最新の動向について