ファイナンシャルプランナーとは

最近よく耳にするファイナンシャルプランナーって?FP?
FPの資格をとるために学ぶことなどを説明します。

ファイナンシャルプランナー(FP)って?

ファイナンシャルプランナーとはひと言でいうとライフプランニング(人生設計)における顧客の要望を実現させるためのアドバイザーです。

 

ファイナンシャル(Financial)=金融、財政、金銭
プランナー(Planner)=立案者、計画者、企画係設計者
FP(エフピー)とも呼ばれています。

 

身近な例でいいますと生命保険の加入・見直しでいろいろ相談に乗ってくれる専門家のことですね。
年齢、家庭環境、保証の度合い、保険の種類etc、生命保険一つとってみても思慮すべき事が実に沢山あるわけです。

 

これらの様々な条件の中からデータを収集、分析して顧客にとって最適な保険のアドバイス、提案、実行の手助けをしてくれます。

 

生命保険以外にも

家族のイラスト

結婚資金
出産・育児
教育資金
住宅ローン
老後資金
税金関連
資産運用
医療・介護保険
定年・退職
相続・遺言
等といった生涯の生活設計のコンサルティングを行う総合アドバイザーがファイナンシャルプランナーなのです。

ファイナンシャルプランナーになるためには

ファイナンシャルプランナーになるためには税金、資産運用、保険、不動産、医療費、相続、年金、社会保険など幅広い知識が必要になってきます。
そしてどれも私達にとっては欠かせないものであるだけに、憶えておくだけでもこれからの人生にとても役に立つことばかりです。

 

ファイナンシャルプランナーの資格は現在以下のように分別されています。

 

国家資格

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
3級ファイナンシャル・プランニング技能士

 

民間資格

AFP資格
CFP資格

 

入門レベルから独立開業を目指せるプロレベルまでありますのでご自身の目標に合わせて選択することができます。

ファイナンシャルプランナー資格で学ぶこと

ファイナンシャルプランナーの学習は以下の6つの科目に分かれています。

 

ライフプランニング

社会保険、年金、資金計画など

 

タックスプランニング

所得税、法人税、消費税など税金全般

 

金融資産運用

預貯金、株式投資、保険など金融商品についての様々な資産運用

 

不動産

不動産の取引き、税金、法令など不動産全般

 

相続・事業継承

相続、贈与、税金など

 

リスク管理

リスクマネジメント、保険など

 

参考書、問題集、また通信講座や通学講座も数多く開講されています。