独立系ファイナンシャルプランナーとは

独立系ファイナンシャルプランナーと企業系ファイナンシャルプランナーとの違いは?独立系FPの特徴などを紹介しています

独立系ファイナンシャルプランナー(独立系FP)

独立系ファイナンシャルプランナーとは保険会社、銀行、不動産会社など特定の企業に所属・就職せず個人事業主あるいは法人として事務所等で独立開業しているファイナンシャルプランナーのことです。

 

企業系ファイナンシャルプランナーの場合ですと所属している企業の自社商品を最終的には提案することが多いのですが、独立系FPの場合は一定の企業に所属していないため総じて中立的な立場から顧客に助言・提案することができます。
そして保険や住宅、税金などといった1つのジャンルだけでなく複数にまたがっての相談が可能なところも顧客側にとってはメリットです。

 

ファイナンシャルプランナーの資格を目指そうとしている方の中にはいつかは独立開業することが目標の人もいるでしょう。

 

独立系ファイナンシャルプランナーは高収入を見込めることも多いですが、最初は無名なゆえに顧客が付かない、軌道に乗るまで時間がかかるなどのリスクもあります(これはどの職業にもいえますが)。

 

FP先進国であるアメリカではファイナンシャルプランナーは必要不可欠な存在になっており、医師や弁護士と並ぶくらいのステータスと収入が望める職業です。
資産運用、投資といったマネープランが徐々に広まりつつある日本でも、企業系ファイナンシャルプランナーよりも独立系ファイナンシャルプランナーの方が多数なアメリカに日本も徐々に近づいていくことが予想されます。

ファイナンシャルプランナーの仕事は無資格でもOK?

実はファイナンシャルプランナーは資格がなくても仕事や開業することができます。
医師や弁護士、税理士のように有資格者でないと業務を行えないいわゆる「業務独占資格」ではないからです。
しかしお客様の側からすると無資格者の人と資格を持っている人との信頼感は雲泥の差ですね。

 

ファイナンシャルプランナーとして就職・転職する際、多くの会社が資格を有することが採用条件に盛り込まれている現状であることから、企業系独立系にかかわらず資格取得は必須であるといえます。