FP資格-独学のメリットデメリット

ファイナンシャルプランナー資格を独学で取得する場合のメリットデメリットなどを説明します

独学のメリットデメリットとは?

FPの勉強をはじめる前に」でも少し触れましたがファイナンシャルプランナーではどのレベルの資格を取るのかによって勉強方法を判断する必要があります。

 

3級を目指す方…独学でも十分可能です。

 

2級…学ぶべき専門知識が多いことと試験範囲が非常に広いので独学だと時間がかかる傾向にあります。

 

AFP…日本FP協会認定「AFP認定研修」を修了することが条件の1つにありますので独学では不可能です。

 

1級…初学者には難易度が高くちょっとおすすめできません。

 

以上を踏まえた上で、メリット、デメリットを見ていきましょう。

独学のメリット

独学のメリットといえば、いつでもどこでも自分のペースで学習できることがまず挙げられるでしょう。

 

費用が安くすむ。

参考書、問題集程度なら安価ですみますし、自分で必要と思ったものだけを購入すればよいのも安くすむ理由ですね。

購入するときに参考書などを直接見て確認して購入できる。
理解できるところは飛ばしてどんどん先に進める。

独学のデメリット

疑問を解決するのに時間がかかる。

だれかに質問などもできませんので疑問点も自分で調べて解決しなくてはいけません。

勉強の計画を自分で立てなければならない。

特にファイナンシャルプランナーの資格は学習範囲が広いので効率的に勉強を進めるためには計画を立てることが必要です。

自己管理が難しい。

時間が自由な分休むのも自由です。モチベーションの維持がもしかしたら一番難しいのかもしれません。

法改正などの最新情報が入手しづらい。

ワンポイント

独学の勉強で大切なのは良い参考書を選ぶことモチベーションをいかに継続させるかが大きなポイントになってきます。
決してあきらめない気持ちが大切です。