AFP資格概要

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格の取得条件等の紹介です

AFP資格について

AFP資格取得条件のひとつに「2級FP技能検定に合格」があります。
つまりAFP資格を持つ=2級を持つことになります。
現在では通信講座や通学講座などで2級ファイナンシャル・プランニング技能士とAFP資格を同時に取る効率的な方法が主流になりつつあります。

 

上級のCFP資格取得条件に「AFP資格認定者」がありますのでより上を目指すのであれば是非とも取っておきたい資格です。
逆に「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」だけでよいという人もいますのでご自分にあった方法を選択しましょう。

 

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格

資格取得条件
日本FP協会のAFP認定研修の修了かつ、2級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)に合格し、日本FP協会に資格認定会員として入会することによってAFP資格のライセンスが授与される

補足事項

AFP資格は民間資格です。更新の必要があります。

 

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格取得パターンには2つあります。
  1. 日本FP協会認定「AFP認定研修」を修了⇒2級FP技能検定に合格⇒日本FP協会資格認定会員に登録⇒資格取得
  2. 2級FP技能検定に合格⇒日本FP協会認定「AFP認定研修」を修了⇒日本FP協会資格認定会員に登録⇒資格取得

*どちらも資格取得までの過程が違うだけです。

 

資格認定会員は有料です。
(入会金10000円、年会費12000円)