FP3級資格試験概要

3級FP技能士になるための「ファイナンシャル・プランニング技能検定3級」の試験範囲や受験資格条件等の紹介です

3級ファイナンシャルプランニング技能士資格試験について

3級ファイナンシャル・プランニング技能士はファイナンシャルプランナーの入門的位置づけの資格です。

 

実生活で役立てたい方、FP2級やAFP資格へのステップアップとしておすすめです。
受験資格は「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」となっていますが、わかり易くいえば「どなたでも受験可能」ということです。年齢・学歴などの制限もありません。

 

受検資格

学科実技共通
FP業務に従事している者または従事しようとしている者
 *FP業務に関する実務経験を有する者とは、資産の設計・運用・管理およびこれらに係わる相談業務、コンサルティング業務に携わった経験がある者をいいます

出題形式

学科試験
マークシート方式による筆記試験○×式 三答択一式60問
実技試験
筆記試験 事例形式5題

試験範囲

学科試験

・ライフプランニングと資金計画

・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業承継
実技試験
・個人資産相談業務
・保険顧客資産相談業務

 *いずれか1つ
試験時間

学科試験:120分
実技試験:60分

合格基準

学科試験:60点満点で36点以上
実技試験:50点満点で30点以上

 

 

実技試験のみ日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)と金融財政事情研究会は内容が異なります。
以下は日本FP協会の実技試験概要です。

 

日本FP協会ファイナンシャル・プランニング技能検定3級実技試験

出題形式 三答択一式マークシート20問
試験範囲 資産設計提案業務
合格基準 100点満点で60点以上
試験時間 60分

補足事項

2010年より日本FP協会でも3級ファイナンシャル・プランニング技能検定が実施されています。

 

学科試験と実技試験を同じ日に受験することも別々に受験することもで可能です。

 

学科試験は日本FP協会、金融財政事情研究会とも同じです。
実技試験は異なります。

 

FP技能士3級は国家資格です。