FP2級資格試験概要

2級FP技能士になるための「ファイナンシャル・プランニング技能検定2級」の試験範囲や受験資格条件等の紹介です

2級ファイナンシャルプランニング技能士資格試験について

就職・転職、キャリアアップに。
またファイナンシャルプランナーを専門の仕事として目指したいと思う人はビジネスレベルの2級ファイナンシャル・プランニング技能士は必須ともいえる資格です。

 

2級FP資格とAFP資格の同時取得もできることからFP初学者も多数挑戦されています。

 

受検資格

学科・実技試験
・3級技能検定の合格者
・FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
 *いずれか1つ

出題形式

学科試験
マークシート方式による筆記試験 四答択一式60問
実技試験
記述式による筆記試験 事例形式5題

試験範囲

学科試験

・ライフプランニングと資金計画

・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業承継
実技試験
・個人資産相談業務
・中小事業主資産相談業務
・生保顧客資産相談業務
・損保顧客資産相談業務

 *いずれか1つ
試験時間

学科試験:120分
実技試験:90分

合格基準

学科試験:60点満点で36点以上
実技試験:50点満点で30点以上

 

 

実技試験のみ日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)と金融財政事情研究会は内容が異なります。
以下は日本FP協会の実技試験概要です。

 

日本FP協会ファイナンシャル・プランニング技能検定2級実技試験

出題形式 筆記試験(記述式)40問
試験範囲 資産設計提案業務
合格基準 100点満点で60点以上
試験時間 90分

補足事項

学科試験と実技試験を同じ日に受験することも別々に受験することもで可能です。

 

学科試験の内容は金融財政事情研究会も日本FP協会も同一で実技試験は異なります。

 

FP技能士2級は国家資格です。