FP1級資格試験概要

1級FP技能士になるための「ファイナンシャル・プランニング技能検定1級」の試験範囲や受験資格条件等の紹介です

1級ファイナンシャルプランニング技能士資格試験について

ファイナンシャルプランナーの資格試験の中で最も難関といわれているのが1級ファイナンシャル・プランニング技能士です。
FPを専業または将来独立開業が目標ならばぜひとも取得しておきたい資格です。

 

受検資格

学科試験
・2級技能検定合格者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
・FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で2年以上の実務経験を有する者
 *いずれか1つ

実技試験

・1級学科試験の合格者
・「FP養成コース」修了者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する
(FP養成コースとは一般社団法人金融財政事情研究会が実施する「普通職業訓練短期課程金融実務科FP養成コース」を指します)
・日本FP協会のCFP認定者
・日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者
 *いずれか1つ

出題形式

学科試験基礎編

マークシート方式による筆記試験 四答択一式50問

学科試験応用編
記述式による筆記試験5題

実技試験

口頭試問形式(複数の審査委員と対面の口述試験)2回

試験範囲

学科試験

・ライフプランニングと資金計画

・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業承継
実技試験
資産相談業務

試験時間

学科試験基礎編:150分
学科試験応用編:150分
実技試験:各12分程度

合格基準

学科試験:200点満点で120点以上
実技試験:1回目、2回目とも100点の200点満点で120点以上

 

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)と金融財政事情研究会は実技試験の内容が異なります。
以下は日本FP協会の実技試験概要です。

 

日本FP協会ファイナンシャル・プランニング技能検定1級実技試験

出題形式 筆記試験(記述式)2題
試験範囲 資産設計提案業務
合格基準 100点満点で60点以上
試験時間 120分

補足事項

学科試験は金融財政事情研究会でのみ実施されています。

 

実技試験は学科試験合格発表後別の日に実施されます(おおむね6ヶ月以内)。

 

FP技能士1級は国家資格です。